« かりん糖対決其の二:「そばの実かりん糖」VS「胡麻かりん糖」 | トップページ | アイフォニア(iPhoner)には、これがいい!:その19[Quick Calendar] »

かりん糖対決其の三:「わさび揚」VS「生姜かりんとう」

  〓 ビール、日本酒、かりん糖? 〓

 本当の酒好きは甘いものも好きらしい。確かに私の大学時代の教授は、酒飲みの癖に羊羹が好きだった記憶があります。でも、普通のかりん糖とビールを一緒に飲もうなんて思いません。だったらこれはどうか?Snapshot1257572757778701
 今回は、言ってみれば和風辛いもの対決です。まずは、「自然風味 わさび揚」から。
 うーん、これをかりん糖と呼んでよいものだろうか。確かに、ラベルにはかりん糖とは書いてませんが、包装の裏にあるラベルには、しっかり「品名:かりんとう」とあります。ちなみに商品名は「旭のわさび揚げ」。
 表面にはうっすらと、砂糖と水あめ、そして塩がほんの少しまぶしてあります。黒い斑点は黒胡麻。全体にわさびの緑色をしておりますが、これは着色料でしょう。わさびの味はごくわずか。つんと来るような辛さは殆どありません。それだけに、どんどん食べられます。この胡麻風味とわさびの辛さとのバランスは絶妙ですね。このへんが旭製菓ならではの技なのでしょうか。
 さて、次は「生姜かりんとう」。ラベルには「国内産小麦100%使用、天然酵母発酵、後味さっぱり生姜味」などと書いております。
 さてと、一口。おおー、これは・・・。思いのほか生姜味が利いてます。塩味抑え目、砂糖も控えめ、生姜味が結構強調されていますね。生姜は練りこんであるのではく、どうやら表面に塗ってあるようです。後味さっぱり・・ではなく、辛さがじわじわと口にまとわり付く感じ。日本酒には合いそうですね。ああ、日本酒が飲みたい。ちなみに私お奨めの日本酒は「吉乃川」です。やすくてもおいしいです。

 ところで、今日10時前ひかり歯科で歯の治療が終わり、そそくさと保谷駅へ向かうと、旭製菓に長蛇の列が・・・。なんと駅の改札前にまで20名ほどの列が出来ていました。旭製菓のはっぴを着た人に何事かと聞くと、
 「今日はセールをやってますんで、10時半くらいまではこの状態なんですよ。」
と、卒のない説明が返ってきました。
 しょうがなく、図書館で時間をつぶして、12時ごろにお店に来ると、行列はなくなっていましたが、結構な人だかり。最近とみに客が増えたようです。かりん糖2点を購入、ついでにお店の人に今朝の騒動が何だったを聞きました。
私「朝方行列が出来てたけど、セールかなにかやってるんですか?」
店「今、缶入りの詰め合わせを通常2200円ですが、2000円で売ってるんです。それを、開店のときは工場直送分を限定で200個ですけど1500円で売ってるんです。30分位で売り切れますよ。」
なるほど安い。レジの横には今朝売り出していたと思しきかりん糖の詰め合わせの箱が鎮座していました。中にはいろいろなかりん糖が8袋。かりん糖一袋が大体270円から300円ですから大体計算は合います(※店員さんのせりふに出した値段はおおよその値段です。値段が違ってたらごめんなさい(^-^;>旭製菓さんと読者の皆さん)。それにしても、平均単価が250円としても、8袋で1500円はかなりお得です。
 お目当てのかりん糖を買って、既に時間は12時半。前から気になっていた、駅近くのラーメン屋、「時代屋」に入って、煮干ラーメン(太面)を食べました。面はつるつるしていて、スープもしっかり煮干味が利いていておいしかった。油も少なく健康的。店内が少し雑然としているのが気になりますが、味は確かです。100円のサービス券をくれましたが、券には保谷店とある。実は、お隣のひばりが丘にも「時代屋」があるようです。でも、さらに其の先の東久留米には、私が絶賛する「くにがみ屋」があるんですよね。ああ、久々に鯛ラーメンが食べたい!
 そうだ、かりん糖対決を忘れるところでした。えー、今回は、非常に難しい採点だったのですが、食べやすさで「わさび揚」の勝ちにしておきます。

|

« かりん糖対決其の二:「そばの実かりん糖」VS「胡麻かりん糖」 | トップページ | アイフォニア(iPhoner)には、これがいい!:その19[Quick Calendar] »

かりん糖対決」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かりん糖対決其の三:「わさび揚」VS「生姜かりんとう」:

» 1000円自作ピザとかりんとう [碧羅のブログ]
 昨日は午前中病院に。  季節性インフルエンザの予防接種。 在庫があと3本とかいうきわどいところ。  昼飯は家でピザ作りといっても市販の生地に 大量の具材と労働力を投入しただけだが。  それでも2枚1000円で驚きの満腹度合い。 たまに面倒でピザハ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 11時40分

« かりん糖対決其の二:「そばの実かりん糖」VS「胡麻かりん糖」 | トップページ | アイフォニア(iPhoner)には、これがいい!:その19[Quick Calendar] »