« 機能主義から見た生物の世界 『進化の運命』 サイモン・コンウェイ著 | トップページ | 国家権力からの逃亡劇 『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎 »

バナナのススメ。バナナダイエット?いえ、単なる朝食です。

 忘れたけど、最近新聞かなんかで、バナナが身体によいとの記事を見ました。そういえば、昔バナナダイエットが流行りましたよね。それ以前から私は「朝食はバナナ一本」と決めていたために、大困り。そのときは店頭からバナナが一斉に消えたのでした。仕方がなく、急遽私はミカンを朝食に替えたりして。
 別にダイエットというわけではないのです。それでも朝食はバナナに限る。一日一本、ハヤイ、ヤスイ、ウマイ、の三拍子そろっただけではなく、栄養価も高いときたら、もうこれに勝る朝食はないでしょう。しかしさらに、それだけではないんです、バナナの効用は。
 私がバナナを朝食にしている理由、それはウンチです(お食事中のみなさまごめんなさい)。バナナを食べた後のそれは、とにかくツルッて出るんですよね、ツルッて。おまけにバナナを食べると腹が下ることもあまりないみたいだし。
 最近分かったのは、バナナにも色々と種類があるということ。あまり安い奴を買うと、渋みがあったりしてよろしくないようです。それと、買ったばかりのバナナは未熟で硬かったりします。といって、常温のまま置いておくと、3日目には完熟の状態になるので、私は初日は常温で置いておいて、2日目には野菜室に入れるようにしています。熟した後は枝の部分から痛むこととが多いので、買ってきたらすぐに房をバラスというのも最近覚えました。
 あ、このブログのテーマとは、あまり関係のない話題でしたね。失礼しました「(^^)。

|

« 機能主義から見た生物の世界 『進化の運命』 サイモン・コンウェイ著 | トップページ | 国家権力からの逃亡劇 『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナナのススメ。バナナダイエット?いえ、単なる朝食です。:

« 機能主義から見た生物の世界 『進化の運命』 サイモン・コンウェイ著 | トップページ | 国家権力からの逃亡劇 『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎 »