« 感じて考えて、そして書くべし 『名文を書かない文章講座』 村田喜代子著 | トップページ | 世代の逃げ方 『ツリーハウス』 角田光代著 »

ノイズキャンセリングヘッドフォン 『Sony MDR-NC33』

 iPhone用に使用していたお気に入りのヘッドフォン、SonyMDR-EX90が去年断線して右側が聞こえなくなった。音漏れがやや激しいという欠点はあったものの、広がりあるクリアな音ですこぶる良かったのに残念です。
 どうやら右のケーブルが分岐の根元で断線したらしい。さて修理可能かとも思えたけど、ケーブルごと交換する技術はないし、修理に出して直るにしても、買い直したほうが安いかもしれないと思い、新たにヘッドフォンを物色することに。基本的にはSonyもしくはAudioTechnicaなんだけど、こればかりは実際に聴いてみないと分からない。たまたま寄ったビックカメラのヘッドフォンコーナーで、MDR-EX90SLの後継機種と思しきMDR-EX510SLを視聴。やはり、臨場感というか、音の広がりについてはいまいちでした。
 でも、よく考えたら、通勤電車の中で音楽を聴くことよりも、最近はポッドキャストを聞いている時間のほうが多く、周りのノイズが気になっていたところなので、ノイズキャンセリングヘッドフォンのNC33も検討。ただし、視聴用のサンプルがなくて、音質については不明。音楽を聴くのがメインじゃないならいいか。と思いつつ、ネットで色々調べて、結局はNC33を買うことにしました。

〓 ノイズキャンセル効果は?

 個人的には十分なレベルだと思います。あまり周りの音を消されるとかえって不安になります。とくにアナウンスや話し声はさほど小さくならないのが逆にありがたい。機能をオンにしてキャンセルされるレールの音やモーター音は半減するといった感じです。決して全部の音が消えるわけではありません。密閉型ではないので。
 また、地下鉄の風切り音などが大きく変動するときは、変化についていけずに急にキャンセリング機能がキャンセルされることがあります。つまり急に「ボワァッ」と音が聞こえることがあります。

〓 通常の音質は?

 音楽を聴いても、音質が悪いとは思いません。が、やはりクリアな音とは言いがたいです。丸みのある感じの音で、特にアコースティックはそこそこ綺麗に聞こえます。分離性能は良いとは言えず、全体にぼんやりした感じです。音質を重視する方には、このヘッドフォンはちょっと、という感じでしょうか。

〓 装着感は?

Evernote_20110515_225420_2

 悪くはないです。が、ヘッド部分はかなり安っぽくできています。金属部分がないせいかもしれませんが、デザイン的にもいまいちな感じです。なにしろ、左右を示す「L」がグレーで「R」が赤という色違いの刻印を、ヘッド部分の最も目立つところに入れているのはあんまりだと思いました。

〓 気になる点?

 ケーブルがやたらと長いです。特に電池ケース(コントローラ)とヘッドフォン部(左)が約50cm、電池ケースとプラグ間が60cmです。このケーブルはいつも邪魔になってます。付属の延長ケーブルが30cmと短いので、ということかもしれませんが、この組み合わせはいただけません。
 それと、電池ケースについているクリップは弱くてすぐ外れてしまいます。
 さらに、これはノイズキャンセリングの仕組み上仕方がないのかもしれませんが、キャンセリング機能をONにしたときに、耳がやや圧迫されます。

〓 総合的には?

 いくつかの問題があるものの、買ってよかったと思う製品の一つです。以前は駅のホームでポッドキャストを聞いているときに電車が通過すると、もう一度聞きなおす必要があったのですが、いまはそういうことはありません。ただし、たまにもっと綺麗な音で音楽を聴きたいと思うことはありますが、その場合はそれ用のヘッドホンをもう一つ買必要がありそうです。私の場合は予算がないので、MDR-EX90SLを自分で修理することになると思いますが。

|

« 感じて考えて、そして書くべし 『名文を書かない文章講座』 村田喜代子著 | トップページ | 世代の逃げ方 『ツリーハウス』 角田光代著 »

その他」カテゴリの記事

コメント

ノイズキャンセリングヘッドフォンSony MDR-NC33もだいぶこなれてきたので、その後の使用感をレポートします。

◎気に入っている点
1.ノイズキャンセルのスイッチがOFFでも(電池がなくても)音楽が聴ける。
2.電池ケースから端子までのケーブルが長いが、そのおかげで、ズボンのポケットにiPhoneを入れても使える。夏場、胸ポケットのないTシャツを着ているときは特にありがたい。ちなみに最近はTシャツの袖にクリップを留めて使っています。

△気に入らない点
1.音質がジャズやクラッシク向きではないと思う。
2.ノイズキャンセルをオンにすると、ボーカルが少し後ろに下がった感じになる。
3.やっぱりデザイン的にはいまいちだと思う。

ノイズキャンセルをオフにすると、まあまあの音なのですが、よりよい音で音楽を聞きたい方にはやはりお勧めしません。逆にポッドキャストや音声中心に聞く方や、ほとんど電車の中で使うことを想定している方にはお勧めです。
特に、電池がなくなっても通常のヘッドフォンとして使用できるというのは買いだと思います。
ちなみに、ノイズキャンセルをオンにしたときに、音の輪郭がぼやけた感じになるのですが、これは仕方のないことなのでしょう。逆に考えると、ノイズキャンセルをオフにしても聞けるということは、それだけよい音を確保できるということで、意外とこの点でも、他の製品に比べてアドバンテージが高いかもしれません。

投稿: papigani | 2011年7月14日 (木) 23時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノイズキャンセリングヘッドフォン 『Sony MDR-NC33』:

« 感じて考えて、そして書くべし 『名文を書かない文章講座』 村田喜代子著 | トップページ | 世代の逃げ方 『ツリーハウス』 角田光代著 »