« アイフォニア(iPhoner)には、これがいい!:その44[わたしの添削帳] | トップページ | 日本の現状を憂う企業人かく語りき 『現実を視よ』 柳井正著 »

モバイルバッテリー比較表と比較グラフ 『ANKER/cheero/他』

※携帯用画面にアクセスしてしまった方へ→PC用画面はこちら

 かつて高価で購入を見合わせていたモバイルバッテリーも、最近すっかり手の届く範囲に収まって、購入を検討している人も多いようです。2chでもcheeroとANKERどちらが良いかというスレッドが立ち上がり、激論を戦わせているようなので、この際はっきりさせようではないか。というわけで、前回記事にした比較表をもっと掘り下げて分析して見ました。まずは基本スペックから。これを語らずして、何を語るのか。もちろん使い勝手やサポートの良さも需要ですが、まずは基本スペックを見てみましょう。

 今回の比較表では、単位あたりの価格や重量は載せないことにしました。なぜなら、別途載せるグラフで視覚的に確認できるようにしたからです。これで表は幾分スッキリした形になりました。

※2014/2/8のAmazon価格に合わせ改定しました
※2014/2/9内容の修正にあわせて本文も大幅に書き換えました。

記号 外形 製品名 容量(Ah) 価格 重さ(g) W D H 容積
R14 Ravpower14000_r_2 RAVPower 14000mAh 14.0 3,599 281 125 80 20 200
AM13 Anker_astro_m3_13000mah_r_2 ANKER Astro M3 13000mAh 13.0 2,880 290 147 62 22 201
AE13 Anker_astro_e4_r Anker Astro E4 13000mAh 13.0 3,480 308 124 77 24 229
A212 Anker_astro3_2gen_12000mah ANKER Astro3 (2gen) 12000mAh 12.0 3,980 332 111 83 26 240
G12 Gsk_12000mah_r_2 GSK 12000mAh 12.0 2,270 210 98 70 22 151
c10 Cheero_power_plus_2_10400mah_2 cheero Power Plus 2 10400mAh 10.4 3,280 290 111 88 22 215
R10 Ravpower10400jpb_r RAVPower  10400mAh 10.4 2,999 288 112 70 21 165
R10 Ravpower10000_r RAVPower 10000mAh 10.0 2,999 300 135 70 14 132
A10 Anker_astro3e_10000mah Anker Astro3E 10000mAh 10.0 2,899 290 142 72 16 164
L09 Lizo_powermaster9600mah_r Lizo Power Master 9600mAh 9.6 2,480 264 120 75 15 135
A209 Anker_astro3_2gen_9000mah ANKER Astro2 (2gen) 9000mAh 9.0 3,180 250 106 64 25 170
A08 Anker_astro2_8400mah Anker Astro2 8400mAh 8.4 2,799 190 95 62 20 118
R08 Ravpower8400_r RAVPower 8400mAh 8.4 2,799 177 100 63 21 132
R07 Ravpower7800_r RAVPower 7800mAh 7.8 2,299 172 95 58 19 105
AM07 Anker_astro_m2_7800mah_r ANKER Astro M2 7800mAh 7.8 2,580 177 105 60 19 120
c07 Cheero_powerbox_white_7000mah cheero Powerbox 7000mAh 7.0 2,650 175 120 73 18 154
c06 Cheero_power_plus2_mini_6000mah cheero Power Plus 2 mini 6000mAh 6.0 2,250 160 99 46 22 100
A206 Anker_astro1_2gen_6000mah ANKER Astro1 2gen 6000mAh 6.0 2,980 135 93 46 25 107
A06 Anker_astro_slim3_6000mah Anker Astro Slim3 6000mAh 6.0 2,599 155 134 70 12 113
A05 Anker_astro_5600mah Anker Astro 5600mAh 5.6 2,299 125 93 43 22 88
R05 Ravpower5600_r RAVPower 5600mAh 5.6 2,099 122 98 41 21 84
AM05 Anker_astro_m1_5200mah_r ANKER Astro M1 5200mAh 5.2 2,380 126 92 45 22 91
A04 Anker_astro_slim2_4500mah ANKER Astro Slim2  4500mAh 4.5 2,380 113 126 64 10 81
c04 Cheero_palette_4400mah cheero Palette 4400mAh 4.4 2,900 120 104 72 14 105
A03 Anker_astro_mini_2600mah ANKER Astro Mini 3000mAh 3.0 1,640 80 89 23 23 47
R03 Ravpower3000_r RAVPower 3000mAh 3.0 1,799 73 108 22 22 52
m02 Mars_spb20_r mars 2000mAh SPB20 2.0 1,290 69 100 57 7 40
M02 Mili_power_crystal_r MiLi Power Crystal 2.0 3,152 64 86 48 17 70
M01 Mili_power_visa_r MiLi Power Visa 1.2 2,980 36 56 86 4.8 23
E01 Elecom_derkj1wh_r ELECOM DE-RKJ1WH(docコネクタ専用) 1.6 740 70 60 55 16 53

〓 視覚的に判るグラフにして見ました

 さてここからが注目です。上記の表からバッテリー容量を軸として回帰分析グラフを作成しました。横軸がバッテリー容量(Ah)、縦軸は「価格」または「重さ」または「大きさ」です。青い線はそのバッテリー容量における標本の標準値を示していて、この線よりより下なら「良い」と考えてください。これで、バッテリー容量を加味した比較ができるというわけです。

〓 価格

Ws000001

 まずは、容量と価格帯を検討します。3つに分けることができます。

A)赤枠.3,500mAh以下
 700円から3,200円とばらつきが大きい。対象機器がスマホなど小容量で、それほど充電する機会がなく、たまたまバッテリーが切れた場合の保険として持ち歩くなら、このサイズのバッテリーが軽くてよいと思います。

B)青枠.3,500mAhから8,000mAhまで
 2,000円から3,000円の範囲にある。対象機器がスマホまたはタブレットで、ほぼ毎日充電が必要、または旅行中の予備として使用するならこのサイズがよいと思います。

C)黄枠.8,000mAhから13,000mAhまで
 2,000円から4,000円の範囲にある。対象機器がタブレットまたはノートパソコンの場合はこのサイズがよいと思います。

 価格帯について言えば、大きな分水嶺は4,000mAh近辺にある。この4,000mAhを超えると、5,000mAhも10,000mAhも価格的には大差が無くなるようです。なぜこうなるかというと、やはり軽さや薄さ、つまり携帯性の面から5,000mAhに人気が集中しているからではないか。私はそう思います。おそらく、スマホとほぼ同じサイズで1回以上の充電が可能な製品に人気が集中しているのではないでしょうか。
 なお、ANKERの中で第2世代(2gen)は価格が高めに設定されていますが、インテリジェント機能が内蔵されているためです。

〓 重さ

Ws000004

 次に重さのグラフを見てみましょう。価格帯のグラフと違い、こちらはあくまでリニアに値がプロットされています。しかし、いくつかの製品はやはり外面の素材などの関係で重くなることがあるようです。
 さて、容量が大きくなると重さのばらつきも大きくなる傾向にあります。とくに毎日鞄に入れて持ち歩く場合は、重いものは避けたほうがよいかもしれません。

〓 大きさ

Ws000003

 次は大きさを比較してみます。
 ものにより意外とばらつきがあります。しかし、携帯のしやすさを検討する場合は、容積よりも形状を重視したほうがよいかもしれません。厚みのある製品に比べて、カードタイプは持ちやすさという面で全く異なります。特にスマホを使用しながら充電する場合はカードタイプでないと扱いが非常に面倒です。スマホと重ねて持っても邪魔にならない「Anker Slim2」や「cheero Palette」がお勧めです。

〓 ちょっと良いのを3つ紹介します

 もちろん私のおすすめは「Anker Slim2」なのですが、それ以外にもちょっとしたアイデアで利用価値を高いものが有りますので紹介します。

 

1.ELECOM DE-RKJ1WH
 ケーブル内蔵型です。2014年2月9日現在は740円です。昨年購入して使っていますが、iPhone4sを約60%まで充電できます。端子がドックコネクターなので、iPhone5には使えませんが、iPhone4s以前を持っているなら、ケーブル内蔵なので非常に重宝すると思います。
 また、この製品はUSBコネクタも内蔵していてiPhone用のケーブルとしても利用できます。データ転送も可能。充電アダプタに接続して同時にiPhoneを接続すると、まずiPhone側の充電を開始し、満充電になると自動的にバッテリー充電を開始します。つまり、この製品でiPhoneを充電すればモバイルバッテリー側も常に満充電にすることが出来ます。

2.RAVPower3000mAh
 ライト付きのスティックタイプなので、懐中電灯として使え、災害時にも役立ちそうです。これならめったに充電する機会がなくても、持ち歩く意味があると思います。

3.MiLi Power Vista HB-T12
 知人がこれを購入していました。確かにこれ以上薄い製品はないでしょう。パスケースに楽に入りそうです。しかし、いざというときに自己放電して使えなくなっている危険はないのか。知人に確認したところ、1ヶ月間放置しても、充電済みのLEDは点くようです。週に2,3回少しだけiPhoneのバッテリーが不足するという人には良い選択かもしれません。

〓 安さ、携帯性、そして品質について

Img_1154_r  これからモバイルバッテリーを購入する方には、Ankerをおすすめします。なぜなら、ANKERには18ヶ月の保証期間が設定されているからです。
 実は私が購入したSlim2も充電中に接触不良を起こしました。こんな時にどうすればよいか。ANKERのホームページには不具合に関する問い合せ用のフォームがあるのです。このフォームから不具合について連絡をすると、約15分後にチケット番号とサポートの電話番号が記載されたメールが届きました。その後メールで2回ほどやり取りをして、アンカーから充電用のケーブルが届きました。Slim2には付属しないタイプのしっかりとしたケーブルと、おまけにポーチまで入っていました。ポーチの左側に置いたのが送付されたケーブル、右に置いたのは不具合のあったケーブルです。やはりANKERのサポートはよいと思います。

|

« アイフォニア(iPhoner)には、これがいい!:その44[わたしの添削帳] | トップページ | 日本の現状を憂う企業人かく語りき 『現実を視よ』 柳井正著 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

コメント

 本日(8月7日)の昼にANKERのサポートからメールがありました。1営業日開いたわけですが、まあ迅速な対応といってよい思います。
 内容は「製品付属の充電用ケーブル以外の手持ちのケーブルで、一度充電を試して欲しい。それでダメなら本体の交換、問題なければ(ケーブルが原因であれば)ケーブルを交換する」というものでした。
 文面は非常に低姿勢で好感がもてます。やはりANKERのサポートは手厚いようですね。

投稿: パピガニ(本人) | 2013年8月 7日 (水) 22時17分

 ANKERサポートのその後についてです。
 ANKERから手持ちの(Slim2に付属以外の)microUSBケーブルで充電を確認してほしいと依頼があったものの、そんなケーブル持ってない!。でもよく思い直したら、Slim2と一緒に購入したAnkerAstroMiniにmicroUSBが付属していたのでした。そこで早速ためしてみると、問題なくAstroSlim2に充電出来ました。接触不良の原因はケーブル側にあったようです。
 ということで、私がANKERサポートに対して「ケーブルを送ってほしい」とメールしたのが昨日(8月7日)の22時半でした。ANKERサポートから「ケーブルを送付するので2,3日待ってほしい」と連絡があったのが本日(8月8日)の16:44でした。
 どうでしょう。結構サポートよいですよね。

投稿: パピガニ(本人) | 2013年8月 8日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モバイルバッテリー比較表と比較グラフ 『ANKER/cheero/他』:

« アイフォニア(iPhoner)には、これがいい!:その44[わたしの添削帳] | トップページ | 日本の現状を憂う企業人かく語りき 『現実を視よ』 柳井正著 »