« 二冊の本にまつわる、ちょっとだけ不思議な出来事 『項羽と劉邦』『シンス・イエスタデイ』 | トップページ | 原子力ムラとはいかなる実態であるのか 『「フクシマ」論』 開沼博著 »

非げいぢゅつ的陶芸(その1) 『どうぶつメガネホルダーを造ってみた』

 以前、リボン指輪を自作して、それを記事にしました。今度は陶芸の作品を紹介します。年に2回、彫金と陶芸をやってます。
 実際に土を捏ねたのは6月ですが、最近やっと焼き上がりました。造ったのはこれ、です。
Img_1200_r

左手のねずみっっぽいのはモデルが居まして、以前飼っていたハムスター君です。(かわいい動画リンク)

一応、メガネホルダーで、こんなふうに使います。
Img_1201_r

メガネを乗せるだけなんですが、色々できます。こんなふうに乗せてみたり。
Img_1202_r

ちょっとがんばってる感じにしてみたり。
Img_1203_r

時には逆さまに乗せちゃったりとか…
Img_1204_r

えーい、もう畳むのめんどくせー!、てな場合も。
Img_1207_r

実は以前は、こんなメガネホルダーを使ってました。でもなんかメガネが乗ってないと少し不気味。かわいくないし。
Img_1208_r

やっぱり可愛い動物の方がいいに決まってます。とか思って、製品になってないか調べたら、ちゃんとありました。

頭のところが割れちゃてますけど、でも不気味な鼻のオブジェよりは全然よいと思いますよ。それでは~。

|

« 二冊の本にまつわる、ちょっとだけ不思議な出来事 『項羽と劉邦』『シンス・イエスタデイ』 | トップページ | 原子力ムラとはいかなる実態であるのか 『「フクシマ」論』 開沼博著 »

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非げいぢゅつ的陶芸(その1) 『どうぶつメガネホルダーを造ってみた』:

« 二冊の本にまつわる、ちょっとだけ不思議な出来事 『項羽と劉邦』『シンス・イエスタデイ』 | トップページ | 原子力ムラとはいかなる実態であるのか 『「フクシマ」論』 開沼博著 »