« 都知事選と脱原発とその向こうのフクシマ 『カウントダウン・メルトダウン』 船橋洋一著 | トップページ | 会計とは何かがよく解るおもしろ小説 『会計天国』 竹内謙礼、青木寿幸、共著 »

質実剛健安価でUseful 『Anker iPad Mini Tablet Cover』 Anker

Img_1376_r

 前回、超軽量のタブレットカバーを紹介しましたが、他にちょっと気になるタブレットカバーを見つけまして、値段が手頃なこともあり早速購入してしまいました。
 それが今回紹介する製品です。一言で言うと、

 「普通に少し重いこと以外はほぼ完璧」

それでは、ひとつひとつを見て行きましょう。

1.デザインと質感

 外装はメッシュ状のエンボス加工がされていて、質感が良いです。この表面加工によって、単なる素材ではなく、ある種の特殊加工のように見えるので、高級感を感じることができるのだと思います。
 外装パネルの内側の面は、これも特殊な仕様になっています。ランダムな直線は滑り止めの役目を果たすと同時に、デザイン的にも優れています。マットな感じがこれもまた高級感を漂わせます。
 本体を固定するためのカバーは表面がマット仕上の硬質ゴムのようです。他の製品では角が割れることがあるようですが、この製品ではそういったことはないでしょう。また、精度も非常に高く、本体と本体固定カバーの間にはほとんど隙間ができません。

Img_1390_r_2 Img_1314_r Img_1317_r

Img_1324_r Img_1311_r

2.機能

 まず、カバーの開け閉めにより自動的にiPadがスリープ、起動に切り替わります。ほぼ確実に機能するようです。
 また、本体をチルトするための機構としては、角度が自由に設定できる点で非常に扱いやすくなっています。また、扉部分がベースになるため、膝に乗せても安定して扱うことができます。特にキーボードで入力する時はありがたい機能です。Apple純正のスマートカバーや、扉を立てて使うタイプのカバーは安定せず、iPadを膝に乗せて使うのは結構辛いと思います。
 ただし、浅い角度、例えば机の面に対して25度の角度で傾斜をつける様な配置はできません。ここは欠点と言えるかもしれませんが、どうしてもそうしたいなら、何か物を置いて傾斜をつければ良いので、それほど問題にはならないかもしれません。

Img_1331_r Img_1327_r Img_1335_r_2

3.重量

 一番気にしていた実際の重量については約170g。iPadMiniの340gと合わせると510gほどです。もともとのiPadの重さがそれほどでもないので、単体で持つと気にならないレベルではあります。しかし、前回購入した超軽量ケースと比べて持つとやはりこのケースは重く感じてしまいます。
 もし軽さを求めるのであれば、前回紹介した超軽量カバーを利用するべきです。私の場合はiPadMiniを入れて持ち歩く鞄自体が結構重いので、いまのところはこのカバーの重さについてはそれほど問題にはならないと考えています。

4.耐久性

 iPadMiniを保護する機能としては十分です。カバー自体が薄いわりにはある程度の強度が確保できていると思われます。
 まず本体を固定する部分が欠けることはまずないと思います。また扉のヘリの部分が剥がれることもおそらくないでしょう。だたし、こればかりは長く使って見ないと何とも言えません。そう考えると、この製品が生涯保証であるというのは十分な安心感があります。

Img_1346_r Img_1326_r Img_1350_r

写真に出てくる他の小物紹介リンク

Anker Keyboard

ONKYO Keyboard

Su-Pen

|

« 都知事選と脱原発とその向こうのフクシマ 『カウントダウン・メルトダウン』 船橋洋一著 | トップページ | 会計とは何かがよく解るおもしろ小説 『会計天国』 竹内謙礼、青木寿幸、共著 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 質実剛健安価でUseful 『Anker iPad Mini Tablet Cover』 Anker:

« 都知事選と脱原発とその向こうのフクシマ 『カウントダウン・メルトダウン』 船橋洋一著 | トップページ | 会計とは何かがよく解るおもしろ小説 『会計天国』 竹内謙礼、青木寿幸、共著 »