ジャンクハック

ジャンクハック 『外付けUSBハードディスク』『2.1chスピーカーシステム』 ハードオフ

Img_1175_r_3 〓 ジャンクハックへの誘い

 ひさびさに同居人に誘われながらハードオフに行った。目的はただひとつ、ビデオカメラを購入すること。
 同居人「あした娘の学校で文化祭があるから、今日中にビデオカメラを買いたいのよ〜」
 私「え~!今使ってるビデオカメラじゃダメなの?」
 よく聞くと、現在使っているDVテープ形式のカメラはバッテリーがへたったんで、1万円程度の中古のカメラを購入したい、ということらしい。というわけで、自転車で大泉インター近くのハードオフに直行。2階の中古品コーナーでいろいろ悩んだ挙句、SonyのBroggei(MHS-CM5)2010年モデルを購入することに。決め手になったのは、HDMI端子でテレビとダイレクトに接続できること。バッテリのー持ち時間は40分程度と少し不安だけど、しかしiPhone用にモバイルバッテリーAnkerAstroSlim2-4500mAhを買ってあるからリカバリ可能だ。カメラのお値段10,000円。高いか安いか分からないが、ハイビジョン映像も撮れるようだし、DVテープをいちいち買うことを考えれば長い目でみてお得なのかもしれない。

〓 ハッキング開始

 さて、同居人の目的は達成したので、ここで二人は別れることにして、私は店内のジャンクコーナーを散策。
 しばらく来ない間に、だいぶ変わった印象だった。しかし、売り出しているジャンクPCは、なんだか以前と代わり映えしないなあ。インテルのCoreプロセッサを搭載したPCはすぐに売れてしまうのだろうか。殆どがPentium4以下の製品で占められている。パンチメタルのどでかいMACが3台並んでいるのが印象的だった。
 ジャンクパーツコーナを見てみる。ハードディスクは2.5インチの製品が余ってきているようだ。おっと、奥の方にひっそりと潜んでいる外付けUSBハーディスクを発見。これが使えればさっき買ったbloggieで撮った動画用のストレージが準備できる。早速iPhoneで型番を入力して製品情報を検索する。本体に書いてある「novac NV-HD324U」で検索するとメーカーサイトを発見した。すでに製造中止、スペック情報は極端に少ない。しかし3.5インチIDE接続、USB2.0対応であることまでは分かった。どうやらケースのみの製品で、ハードディスク付属していないらしい。それならば、と、ジャンク箱の中にあるSeagate250GBをセットで購入することにした。
 ハードディスクケースが1,000円、250GBハードディスクが1,500円、合計2,500円か。ジャンクにしては少し高い出費。

〓 だからジャンクハックはやめられない

 レジに二つの獲物を置いてから、店員さんに聞いていみた。
私「このケースの中にはハードディスクは入ってないですよね?」
レジ「一応開けてみましょうか」
 ネジ4本を手慣れた手つきで外し、ケースを開けるとなかにしっかりとハードディスクが鎮座していた。しかもモノはSeagete400GBである。こういうサプライズがあるからジャンクハックはやめられない。

Img_1172_r_2 Img_1173_r_2

〓 浮いた気持ちで、浮いたお金で、GIOⅡを追加購入

 レジ台の上から250GBのハードディスクをとっとと撤退させて、代わりに2.1chスピーカーシステム「epi GIOⅡ」を乗せた。中古スピーカーのコーナーで目をつけておいたモノだ。値段は2,000円。1,500円の出費がなくなったので、その分こちらに出費しよう。実はこのスピーカーシステムは、以前から欲しかったもの。音質の問題ではなく、シンプルなスタイルが気に入っている。自宅で早速を音質を確認すると、内蔵アンプが貧弱なのか、音域が狭く若干こもった感じの音質だ。以前ジャンクで購入してBOSEのスピーカーとセットで使っている2.1スピーカーよりは劣る。 それでも、以前これもジャンクで購入したYAMAHAのスピーカーよりは全然良い。とくにアコースティックな音は引き立つようだ。

Img_1183_r_4 Img_1176_r_2
こちらが今回購入たGIOⅡ
このデザインが私にはたまらなくて…
以前700円で購入したYAMAHAのスピーカー
音が乾いていて、あまり好きになれんかった…

〓 外付けハードディスクも無事に使えました

 ところで、外付USBハードディスクだが、店員さんがフォーマット済みといっていたので、簡単につながると思っていた。自宅のPCに接続すると、ハードウェアとしては認識しても、ドライブが追加されない。結局「フォーマット済み」の意味するところは、要するに前に使っていた人のデータを消去したということらしい。フォーマットをかけたところ、きっちり400GB分を問題なく使えそうだ。これで準備万端なのである。

 ところがこのビデオカメラ購入に纏わる話には後日談があって、結局のところ文化祭は台風の到来とやらで中止になってしまった。みなが湯を沸かして水にしてしまったわけだが、学生たちの思いは幾許のものであったろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクハック(その2)『DELL Dimension 4700C』購入編

〓 ハードオフ『ジャンクPC-DELL4700C』購入編

 場所は関越・外環道の大泉インターチェンジ出口近く、そこから西に100メートルほどの道路沿いに「ハードオフ大泉学園店」があります。店内の1階は生活雑貨と貴金属などが売っていて、こちらはオフハウスという併設店。ちなみに古着や衣類の販売店は西武新宿線の大泉学園駅前にあって、「モードオフ」といいます。
 入ってすぐの階段を昇ると2階がハードオフ。正面にエレキギターがぶら下がっていて、そこが大きな楽器店のような錯覚に陥ります。2階フロアの左手が楽器、右手がゲームまたはオーディオコーナーです。そして右側の奥に目的のジャンクコーナーがあります。 前回紹介した通り、そこにはオーディオ、ゲーム、PCのジャンク品があります。PCジャンクは、ボード類、ケーブル、各種パーツ、プリンタと様々ですが、今回は、PCジャンクの中でも、PC本体に絞って説明します。

〓 どんなPC本体があるのか

 置いてあるPCの台数は、だいたい40台くらい。スチールの棚に無造作に並べられています。約半分はスリムPCです。モニター一体型のPCも4、5台、棚の上の方に並べられています。いわゆるホワイトボックスのPCは2、3台とけっこう少ないです。ホワイトボックスのPCにはOSのライセンスシールが貼られていないことが多いので、人気がないのかもしれません。パーツの入手が目的の方には最適なのですが。
 ノートPCも並んでいますが、バッテリーがヘタっている可能性が大きいのと、基本的なスペックはデスクトップ製品に比べて低いので購入対象にしません。

〓 購入前にネットで調べる

 PC本体を選ぶ時は、CPUの種類、クロック、メモリの容量、HDDの容量、そしてFSBを確認します。HDD容量までの基本スペックは、本体に貼り付けられた値札に記入されています。しかし、FSBについては記載がありません。基本的な処理速度を決めるFSBはネットで調べる必要があります。
 CPUがPentium4もしくはCeleronDであれば、殆どの場合はFSBは800Mhzもしくは533Mhzとなりますが、まれに400Mhzとなっている場合があります。FSBは最低限、533Mhz以上欲しいので、私は必ずネットでFSBを確認するようにしています。
 参考までに、最近のジャンクコーナーに出回っているPCは、主に以下のスペックです。

CPU: CeleronD 2.5Ghz(FSB533Mhz)
    またはPentium4 2.8Ghz(FSB800Mhz)
Memory: 512-1024MB
HDD: 160GB-250GB
Media: DVD-RWまたはDVD-R
価格帯: \4,200から\6,300

 これらの次の世代の製品、例えばCore2Duo以上のCPUを積んだPCになると、値段は\10,000円を超えるようです。

〓 掘り出し物を探す

 上記のスペックで購入対象をある程度絞り込んだ後は、以下の違いで購入機器を選択すると良いでしょう。

◆メーカー
 NEC、富士通、SONY、日立、DELL、HP、e-machinesの製品が出ています。

  1. SONYの製品はハードウェアにかなりカスタマイズを加えているので、付属のリカバリディスクを使わなくても復旧できるかどうか確認したほうが良いでしょう。
  2. DELLの製品はオプションを後から加えることができない場合があります。たとえば、メモリカードリーダーが搭載されていない製品を購入した場合は、ボードに接続用の端子がついていないために、後から追加することができません。
  3. HPの製品は早く売れます。おそらく標準的なパーツを使っているからだと思います。
  4. e-machinesの製品は拡張性が高そうです。あまり調べていませんが基本的に当たり外れはなさそうです。

 結果的にNEC-Valuestar、富士通Deskpower、SonyVAIOなどが比較的多く売れ残っています。リカバリCDが付属していないとOSをインストールできないからでしょうか?
 また、アナログテレビの終了を見越して、富士通などのテレビ機能がついた一体型PCが多く出回ってきています。ケーブルテレビでまだアナログテレビを受信できる場合や、デジタルチューナーを接続できそうな機器はねらい目かもしれません。ただしこの場合もリカバリCDの付属を確認したほうが良いと思います。

◆発売時期
 いつごろ出荷された製品かにより、当然スペックが違ってきます。製品の古さは、古いデバイスが有るか無いかでわかります。けっこういい加減に古そうな順に並べてみました。同じシリーズのPCであれば、上から順に、これらのコネクタやデバイスがないものが新しい製品になります。

  1. SCSIポート
  2. フロッピーディスクドライブ
  3. プリンタ用パラレルポート
  4. PCカードスロット
  5. PS/2キーボード/マウス端子
  6. シリアルポート

◆値段の見分け方
 値段に差がつくのは、メモリおよびHDDの容量です。ですから、これらがある程度用件を満たしていれば、DVDが書き込みこみ可能か、メモリカードリーダがついているかなどで値踏みをすると良いでしょう。はっきりいって、何でこんなに安いの?というものと、何でこんなに高いの?という両極端な製品があります。たとえばスペック的には6300円で出してもよさそうなのに、HDDが無いだけで3150円で出ていたりします。250GBのジャンクHDDを1500円で追加購入しても\4,750にしかなりません。但しSONYの製品の場合は、HDDにリカバリ情報が含まれていることがあります。HDDを別購入で装填してもOSのインストールができないことがあるので、事前よく調べないで飛びつくと痛い目にあいそうです。

◆スペックを確認する
 現場で見つけたよさそげな物件は、まずウェブで確認します。結果的に私が選択したのはDimension4700C。ネットで調べると、どうやら熱処理に問題がある製品のようで「CPUファンが爆音を発するため対処の方法が無いか」といった質問が多く出回っていました。いったんは自宅に帰り、いろいろと情報を探していると、CPUファンの騒音は、CPUクーラーの埃を取り除くと解決できることが分かりました。どうやら、手を加えれば問題なく使えそうです。翌週に再びハードオフに行き購入を決めました。ジャンク製品はいわくつきの製品が多く出回ります。その代わり、価格的に極端に安くなってい場合があるので、出物を見つけたら、製品型番をメモして、自宅でじっくり情報を集めたほうが、結果的に良い製品を買えると思います。
 ちなみに、Dell製品のスペックは、下記のサイトに豊富な情報がありました。こういった情報量の多さも、メーカーを選ぶポイントになるかもしれません。
http://abc.s65.xrea.com/dell/wiki/

〓 購入の決め手

Dscn0026  最終的に購入したDell-4700Cのスペックは以下の通りです。
CPU: CeleronD 2.5Ghz(FSB533Mhz)
Memory: 1024MB
HDD: 160GB
Media: DVD-RW
Option: Media card Reader
価格:\6,300
(写真はメディアカードリーダーが付いていない製品です)

購入の決め手は
1.XPのライセンスがついている
2.DVDが書き込みできる
3.メディアカードリーダーが付属している
4.メモリが1024MBに拡張されている

 このPCはスリムタイプなので殆ど拡張性がありません。HDDも1台しか搭載できません。しかし、最近のPCはUSBポートを備えているので、殆どの周辺機器はUSBに接続して拡張できます。但し、内部に空間が少ないために、この手のスリムPCはいずれも熱問題を抱えているようです。さらに、シングルコアのPentium4は発熱が大きく余計に熱処理が難しいのです。
 それでも、この価格であれば十分安いと考えます。もし新品でパーツをそろえるとすると、結構な値段になります。そして、新品の場合はこれ以上スペックを落としても値段的には大差が無いことが多いのです。例えば、以前PCショップでパーツ価格を確認したときは、大体以下のような価格帯でした。

電源 \3,000
マザーボード、\5,000
CPU(E6300) \5,000
Memory2G \3,000
HDD500GB \3,000
DVD-RW \2,000

 実は、当初はジャンクのマザーボードを購入して、今のPCを少しずつ拡張しようと考えていました。しかし、ジャンク品でパーツを揃えようとした場合どのくらいの値段になるかというと…

電源 \500
マザーボード \1,000
CPU \1,000
Memory1GB \1,500
HDD 250GB \1,500
DVD-RW \1,000

 ということで、ジャンクPCと同じ位の出費になってしまいます。しかも、OSライセンスは別途購入です。また、肝心のCPUについてはジャンク品が殆ど出ていません。DVD-RWもジャンクコーナーでは殆ど見たことがないです。しかも、なぜかメモリの値段が新品と同じくらいの価格で出ています。
 ということで、ジャンクな部品を苦労して集めるよりは、PC本体を購入したほうが安上がりと納得しています。

〓 ジャンクPCの落とし穴

 さて、本当にジャンクPCという選択肢が万人にとって良いものかというと、決してそうはありません。ジャンクPCを購入する場合は、以下の点に注意する必要があり、これらの条件を満たさなければ、やはり新品のPCを購入するべきです。

1.新品のPCを買うお金がない
2.PCはWebとメールが見れればよく、一世代前の製品でも十分使える
3.PCに関する知識がひと通りあり、パーツを購入して自作できる

 特に3番目の条件は重要で、リカバリ用のCDを使わずにOSを一からインストールできるだけのPCに関する知識が必要です。まれにリカバリCDが付属しているものもありますが、殆どのジャンクPCは本体以外は何も付属していないのです。
 その上、この作業は結構時間がかかります。私自身もジャンクのDELL4700Cを購入して使えるようにするまでに結構時間がかかりました。その辺の件は次回の記事に掲載いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクコーナーでトレジャーハンティング 『HARD OFF』 2.1chサウンドシステムをゲット

 実は以前から気になっていたけど、自宅からは少し遠いので敬遠していたお店、ハードオフ。グーグルマップで見ると、なんとか散歩がてらに歩いていけそう、ということで運動もかねて徒歩で行って覗いてみることにしました。
 で、そこにはジャンクコーナーというのがあって、オトナのお宝探しができるのでした。もちろんジャンク品なので、買って帰ってきてもキチンと動くとは限りませんよ、って雰囲気をかもし出した、わけの分からない製品が無造作に置かれています。見るほうも、いきおい無造作ですね。PCパーツなんかを適当に手にとってがちゃがちゃやってます。まあジャンクパーツ類はどう見てもごみ同然ですから仕方ない、と思いつつも、私は一応一個一個を恐る恐る手に取るのでした。
 ジャンクコーナーは、ゲーム関係、PC関係、AV関係、に大別されているようです。一部ギターなんかも置いてあります。あと、とてつもなくでかいスピーカが、ジャンクにしては結構な値段で置いてあったりして、見ているものを飽きさせません。いったいこれは何?といった、新手の骨董屋のような雰囲気が満載の場所なのでした。

〓 ハードオフ、は、ブックオフ方式で値決めしている?

 このハードオフという店は、ブックオフの親戚みたいなもの。ロゴなんかはブックオフにそっくりです。ブックオフ事業が芳しくないために、モードオフ(衣料)とともに展開を開始したとか、てなことが何かの記事に書いてありました。特に、最近はリサイクル法のせいで捨てるだけで金がかかる。そういうわけだから、中古品を持ち込むほうも「金取られて捨てるくらいなら」てな感じで捨て値で引き取ってもらっているのではないかなぁ。

 中古品とジャンク品の値段には、かなりの開きがあって、中古品は新品の8割程度、ジャンク品は販売当時の値段の5%~10%程度といったところか。中古品の場合はよく調べないと新品の最安値より高かったりします。特に未開封の新古品なんかはそうなんでしょうね。中古品として売っているものについては、いちおう基本的に保障をしているようです。ただし、保障期間はモノによっては3ヶ月間だったりします。
 中古品とジャンク品の一番の違いは、ジャンクの場合は一度買ったら、たとえ最初から故障していても返品できないということなんでしょうね。まあ当たり前なのですが、ジャンク品購入時には店員さんに釘を刺されます。

 箱や付属品がないもの、かつ、型落ちなどの製品はどうやら無条件にジャンクコーナーに回されるようです。PCの場合だと、2004年前後の製品が多く、殆どがFSB800/533MhzのシングルコアCPUよりも低いスペックです。CeleronD2.5GHz/Mem1GB/HDD100GBでの価格帯が5,000円と考えればよいでしょう。パーツではなく本体をジャンクとして扱っているものには、値札にチェック日とスペックと状態が書いてあります。「電源はいりました」とか「HDDなし」とか、意外と親切ですね。

 PCパーツのジャンクコーナーには殆ど使えそうなものがないので、勢いパーツ抜き取り用に本体を購入している人が多そうですね。しかし私は、自宅で使用しているPCのスペックが低すぎて、マザーボードごと交換が必要な状態なので、あわよくば動いてくれることを前提としての購入になります。それで、こういった保証のない製品に対しては当然慎重になり、5000円といえどもなかなか購入に踏み切れませんでした。型番と値段をiPhoneにメモして、よく調べてから購入することにして、つらつらとオーディオジャンクコーナーを物色することにしました。

〓 買う気はないけど見ていて楽しい

Camera0000115_07  オーディオコーナーには、今は殆ど目にすることのないプリメインアンプとか、ターンテーブルも相当数ありましたね。大き目のスピーカーとかが所狭しと並んでいます。我が家が広ければこのスピーカを買うのに、と思わせる、わりと小ぶりできれいなスピーカーもいくつかありました。音響素人の私には、スピーカーの違いが音の質を左右するというところまでしか分からないので、やはりスピーカーにはこだわりたいのです。
 いろいろ見ていると、コンポ棚の下のほうに比較的小さめのサブウーファーがいくつかあることに気づき、今自分の部屋に置いてあるBOSEのスピーカーに接続できそうなものを探してみることにしました。そこで発掘した製品がこれです。いかにも怪しいです。どうやら2.1chスピーカーシステムのウーファーのみ、ですね。右下に小さく、「QQ-001 Maultimedia Speaker System」と書いてあります。一応日本向けに製造した製品のようだけど、iPhoneで調べても流通している形跡なし。これをハードオフに持ち込んだ人はいったいどこから手に入れたのだろう?。

〓 背面部の構成

 背面には、以下のような表記が。「株式会社アズマ」のカタカナ部分が、なんと半角文字で刻印されているんですよね。

マルチスピーカーシステム QQ-001
定格電圧: AC-100V
定格周波数:50/60Hz
定格消費電力:40kW
株式会社アズマ
MAID IN CHINA

Camera0000115_03  右上にS-BASSと書いたボリュームがひっそりとひとつ。このウーファーにはアンプが内蔵されていて、そのウーファー本体のボリュームが独立して設置されているようです。前面にもボリュームがついているのはアンプ全体のボリュームなのでしょう。
 右下を見ると、スピーカー用のプッシュ方式の端子がついています。このスピーカー端子は貴重。同じ棚に並べてあった同様のウーファーでは、外部への出力端子はピンプラグだったします。そうすると、通常のスピーカーケーブルは使えなかったりするので、ケーブルの購入に余計な出費がかかるわけです。「たいした金額じゃないだろ!」と思わないでください。何しろ、本体の価格が840円なのです。
 と思ったら、入力端子はミニプラグでした。この部分がピンプラグなら完璧なのに。しかし、両端がミニプラグのケーブルがあれば何とかなりそうです。こんなときジャンクコーナーを探すといとも簡単に見つかるのがありがたい。両端ミニプラグケーブル1本100円、ついでにオーディオ用の光ケーブルが300円で売っていたので2本買っておきました。なんとなく光ケーブルが高く思えたけど、これは錯覚と自分を納得させました。

〓 これはまさに私が探していた製品だった

Camera0000115_04_2  実は小さなアンプを探していたのだけど、サブウーファーが一緒についていていると考えれば、これはベストの選択と言えそうです。しかもお値段は840円。後は家でスピーカーを接続してちゃんと音が出ることを祈るのみです。
 で、実際にスピーカーを接続してみました。今までは古いPanasonicのコンポにBOSEのスピーカを接続して聴いていたのですが、アンプが古い製品なので「シャー」というノイズが気になっていたのでした。
 購入したウーファーは奥行きがややあるものの、古いコンポの本体とちょうど同じくらいの大きさで、同じ場所にそのまま素直に置くことができました。スピーカーケーブルを接続して、早速音を出してみると…、「ブーン」というノイズが…。でもそれは入力用ミニプラグの接続不良でした。ミニプラグをきれいに拭いて差し込みなおすと、なんと音が出るではありませんか。しかもノイズは殆ど目立ちません。BOSEのスピーカーからは重低音域が消されて中高音が、そしてウファーからのみ柔らかな重低音が出てくるようになりました。うーん、ぜんぜん悪くないです。多少どんしゃりになったようにも思えますが、重低音が目立つせいでしょう。ハイハットの音も少し目立ちます。でも、音が不自然に聞えるというほどではありません。

 この製品、本来は小さなスピーカがついている製品のようです。中国では普通に流通しているようでした。
http://product.pconline.com.cn/soundbox/eacan/50071.html

〓 ジャンクハッキングにはまってしまった

 実はこのスピーカーシステムを購入したのはだいぶ前。それをきっかけに、ハードオフにはトコトンお世話になり、ここ数週間で私のPC周りのシステムはジャンク品により一新されました。うーん、もっと早くにやっておけばよかった、ジャンクハッキング。おかげさまで、1万3千円ほど使ってしまいました。でもこの金額で、PC+モニタを2セットとプリンタ複合機1台をゲット。今までのドンくさいPCによるイライラから開放されたばかりか、数々の思わぬおまけがついてきました。つまり殆どは掘り出し物といっていいモノ。そんなお宝情報は、別な機会に報告するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)